るむろん

Android/生活/旅行/英語/書評…適当に書いていきます

感想:レインツリーの国

   

レインツリーの国 (新潮文庫)著者:有川 浩

★★★★☆

有川さんって女性だったんですね。あとがきで,私の夫って書いてあって初めて知りました。あと,あとがきがある作品ってライトノベルって感じがしますよね。なんで,一般小説ってあとがきじゃなくて解説なんでしょうかね。

さて,聴覚障がい者と健常者の恋愛を描いた作品なわけですが,あとがきでもあるように障がい者に対する話を書きたいわけじゃなく,恋愛のほうがメインっていうのが読んでてよく分かったような気がします。

たまに読む恋愛小説はいいですよね。何がいいって,純粋で心温まり,何より,それが全て非日常であるということに尽きると思います。

スポンサーリンク

プライドが邪魔して意固地な感じが共感できた

読んでこの本が良かったと思ったのは,主人公やヒロインの感情に共感できたのが大きいと思います。聴覚障害や若いころに父親を亡くした辛さなんてもちろんわからないし,共感なんてできませんが,そういった辛さや悲しみ,それに伴う周りの環境の変化などで,自閉気味な性格が出来てしまって,うまく自分を出せなく,意固地な感じになってしまうのはよく分かるような気がしました。(うまく文章に欠けませんけど。)

 

長文メールと文字にするコテコテ関西弁は気持ち悪い

作品とは直接関係ないですが,長文メールって読むと気持ち悪いですね。それもとても。(ブログを見てメールするところから物語は始まるので,必然的にメールも多くなり,長文メールも多くなるわけですが…。)

何がこんなに気持ち悪くさせてしまっているのかって考えると,一方的に,自分の好きなことを書く形にしかならないからなんでしょうね。ブログとかでその他大勢に語りかけてるならまだしも,メールなら相手1人に対して,自分の考えを押し付けているような形になるのでそのへんが気持ち悪く感じるのかな。

あと,文字にする関西弁も気持ち悪い。

関西人ですが,正直この作中の主人公の男性みたいな関西弁は少ないし,同じ関西人としても生理的に嫌悪感を抱くレベルでした。

こんな風に,読んでて,気持ち悪いと感じる場面が多いのは事実なんですが,それを含めても,最後のほうは綺麗にまとめてるなという感想になりました。

その辺がこの著者のすごいところなんでしょうかね。東野圭吾しかり有川浩しかり,本当にすごい才能の持ち主だと思いますね。メディアには引っ張りだこでしょうね。

 - 読書

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

感想:嫌われる勇気

2014年amazon和書部門売上1位!すごいですね。けっこうタイトルぐらいは知 …

感想:日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?

著者:Rochelle Kopp ★★★★☆ どうやって見つけて買ったのかよく分 …

感想:シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

著者: デイヴ・アスプリー、翻訳:栗原 百代  ★★★★☆ バターコーヒー発祥の …

感想:ユニクロ帝国の光と影

著者:横田 増生 ★★★☆☆ 山口の田舎の呉服やから世界のユニクロまで成長させた …

初心者ランナーのための『ランニングの作法』―故障を防いで楽しくランニングを続ける

フィジカルトレーナーであり,専門分野がスポーツ障害の予防である著者が,ランニング …

感想:永遠の旅行者(上)

著者:橘 玲 ★★☆☆☆ 同著者のマネーロンダリングを読んでから読むとかなり微妙 …

感想:ルームシェア(小説)

気づいたら研究室に置いてあって,誰が持ってきたのか未だに謎な本書。せっかくなんで …

『夢をかなえるゾウ』は自己啓発小説の完成形だと思う

著者:水野敬也 ★★★★☆ 2007年か2008年かに大流行していたらしい自己啓 …

感想:拝金 青春経済小説

モリエモンこと堀江貴文氏の小説。金の亡者とか揶揄されていたホリエモン自身を,ノン …

感想:日本人というリスク

著者:橘玲 ★★★★☆  橘氏の2冊目の本。1冊目の臆病者の株式投資入門を読んで …