るむろん

Android/生活/旅行/英語/書評…適当に書いていきます

感想:ユニクロ帝国の光と影

   

ユニクロ帝国の光と影 (文春文庫)著者:横田 増生

★★★☆☆

山口の田舎の呉服やから世界のユニクロまで成長させた柳井正氏に着目したルポ。柳井へのインタビューをもとに、辞めた社員のインタビューや地元のインタビュー、生産拠点の中国工場への潜入などが書かれていた。400ページ弱とボリュームがあったが中身が濃かったかと言われると、少し疑問が残る。

ただ、柳井正がどんな人物なのか、ユニクロという企業はどんな仕組みで、働く人はどんな感じなのかは分かりやすい作品であった。”光と影”と題して、ルポであるので、出来るだけ中立な立場で書くべきで、書かれているはずであるが、個人的に読んだ感じは、ユニクロと柳井を叩きたい内容に感じ取れた。あたかも、ユニクロはブラック企業で月300時間以上の労働は日常茶飯事、柳井の厳しい性格から辞める人も後を絶えない。といったセンセーショナルな話題で大衆の注目を集めたいかのような書き方であった。まあ、少なくともサービス残業などは許されないことという視点に立てば、ユニクロを更生させる意味もあるのかもしれない。

スポンサーリンク

カジュアル衣料品のサプライチェーン・SAPを知ることができた

柳井の人となりをtiれたほかにも、SAPというものを知れたのが大きかった。化学メーカー勤務なので、衣料品のサプライチェーンの実情を知らなかったが、どういうものか分かったのは良かった。日本で初めて、SAPを築けたユニクロはすごいという単純な感想。はやり1番というものはビジネスにおいて重要だと感じる。

あと、同じSAPでありながら、ユニクロとZARAの比較は興味深かった。品種を抑え、大量生産でコスト面で優位に立つユニクロと、流行を取り入れる早さで勝負するZARAという構図、今後この2つの企業がどういった未来をたどるのか気になるところ。

この本に書かれていることを信じるとユニクロはブラック企業でしょう

そのことで、ユニクロ側が本を出した文芸春愁を訴訟したらしいです。こういった事実を知った上でユニクロで働きたいと思うバイタリティあふれた人物とはどういった人なのだろうか。外資系でチャレンジする人に近いのだろうか。

消費者という立場に立てば、ブラック企業による、人件費のコストダウンが商品価格に反映されるはずなので、何とも言えないのが難しいところ。

最後に、一代でトップ企業にまで築き上げた人の人となりを知れる本は貴重で、面白いですね。ソフトバンクの孫氏や、ライブドアの堀江氏しかり。

 - 読書

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

『「自己啓発」は私を啓発しない』 小説的な読み物として面白かった

某ブログで自己啓発の本読むならこれだけ読んどけばいいよ,と紹介されていたので読ん …

感想:君がオヤジになる前に

著者:堀江貴文 ★★★☆☆ ほりえもんの本はまあ普通に面白いよね。本書もそんな感 …

感想:幸せになる勇気

著者:岸見 一郎、古賀 史健 ★★★★☆ 嫌われる勇気の第二作目。まさか続編が出 …

感想:結婚と家族のこれから~共働き社会の限界~

著者:筒井 淳也 ★★★★☆ いい本はあるもんだ。社会学?的に見た家族というもの …

このまま成長し続けられるのか『資本主義の終焉と歴史の危機』

なんの知識も見解もありませんが,経済というものが好きなので,タイトルに惹かれて購 …

感想:嘘をもうひとつだけ

著者:東野 圭吾 ★★★☆☆ ブックオフで目に止まって,久々に東野圭吾を読みたく …

感想:探偵の探偵(小説)

2015年7月から北川景子主演でドラマ化されることを,読み終えてから気づきました …

感想:人生を面白くする 本物の教養

著者:出口治明 ★★★☆☆ 普通だった。可もなく不可もなく。これを読んでもいまい …

『いつでも心理学「クセ」や「しぐさ」から、本音を読み解く!!』-読んでも心理学は全然わからない

期待はずれな作品であった。”Amazonの内容紹介が長い本はハズレ”ということが …

『重力とは何か』ニュートン,アインシュンタイン,量子力学と物理学の歴史をわかりやすく紹介している良書でもあった

インターステラーという映画内で,重力の謎が解ければ,宇宙の真理を理解でき,地球か …