るむろん

Android/生活/旅行/英語/書評…適当に書いていきます

感想:博士の愛した数式(小説)

   

博士の愛した数式 (新潮文庫)著者:小川 洋子

★★★☆☆

映画化とかでけっこうな人気だったので,気になっていたんですが読む機会がなく,発行から10年以上もたってようやく読みました。

読解力のない私には評価が難しい作品と感じました。面白いとは思いませんでしたが,読んでよかったなとは思える作品でした。

スポンサーリンク

小説と数学という相反するものをうまく融合できている点,80分しか記憶の持たない老博士,家政婦の私,阪神タイガースファンの息子の3人の日常生活が綺麗に?表現されている点が評価されているのかなぁ。変わり種&ほのぼのとした感動で巷で流行りそうな条件はクリアしていたのか…。

肝心のタイトルにある博士の愛した数式であるだろうオイラーの公式や,博士の心情描写についてはあまりコメントがなく,読者の読解力にゆだねられています。

Amazonレビューの低評価を見ると,淡々としている,起承転結がない,つまらないって言葉が頭に移りました。確かに,読んでて上記のような印象は少なからず私も受けましたが。

解説でも純文学と称されているように,娯楽小説として評価するなら低評価にしかならないでしょうね。書評かける人ってすごい。

 - 読書

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

『「部下なし管理職」が生き残る51の方法』 新入社員でも知っておくべきことが多かった

景気の左右で,新入社員の数に変動はあると思うが,基本的に毎年同じ人数が入ってくる …

感想:魔法の世紀

著者:落合陽一 ★★★★☆ Kindleセールの時に購入。面白い本は1000円台 …

感想:殺意の水音

著者:大石圭 ★★★☆☆ 久々の角川ホラー。本って意外と高いし,本屋で買うなら新 …

感想:年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学

著者: エンリコ モレッティ 、訳:池村 千秋 ★★★★☆ 長かった…。Kind …

感想:日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?

著者:Rochelle Kopp ★★★★☆ どうやって見つけて買ったのかよく分 …

感想:君がオヤジになる前に

著者:堀江貴文 ★★★☆☆ ほりえもんの本はまあ普通に面白いよね。本書もそんな感 …

感想:雀蜂 (角川ホラー文庫)

著者:貴志 祐介 ★★☆☆☆ 今んところは一番好きな著者の一人である貴志祐介の作 …

感想:ケトン体が人類を救う~糖質制限でなぜ健康になるのか~

著者:宗田 哲男 ★★★★☆ 前回読んだ糖質制限関係の本が面白くて、もう少し情報 …

成功の秘訣は自律・自制できる性格づくり 『成功する子 失敗する子 ― 何が「その後の人生」を決めるのか』

著者:ポール・タフ ★★★☆☆ 子供をどのように育てたら、子供は成功するのか?幸 …

感想:シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

著者: デイヴ・アスプリー、翻訳:栗原 百代  ★★★★☆ バターコーヒー発祥の …