るむろん

Android/生活/旅行/英語/書評…適当に書いていきます

『ここらで広告コピーの本当の話をします。 宣伝会議』 広告コピーに関係する人でなくても読む価値あり

   

ここらで広告コピーの本当の話をします。 宣伝会議

すごい人が書いた本はすごい!

PlayStationなどの広告クリエイターとして有名な小霜和也氏によって書かれた広告コピーに関する本です。主に,これから広告コピーを書き働く人,もしくは広告コピーを仕事としている若手に向けた,広告コピーとは何か,広告コピーを仕事として生きていくための心構え,などが中心です。著者の広告コピーに対する熱い思いが伝わってきますが,実際に広告コピーを書くに当たっての具体的なノウハウ的なものは少ないと思います。

広告コピーとは全く無関係な研究職の私ですが,非常に興味深く読めました。広告コピーだけでなく,全てのことについて言えることが多いといった印象でした。

スポンサーリンク

広告はクリエイティブな仕事

「言葉を使ってモノとヒトとの新しい関係を創り,商品や企業の価値を上げる」のが広告コピーによる広告クリエイティブである。

著者の広告コピーに対する根源的な考えがこれであり,普段何気なく見ている広告の意味に初めて気づけたような気がしました。広告によっても商品に新しい価値をつけることができるということが印象的でした。

はやり広告も仕事である以上,ターゲットを考え,ターゲットに即したものにしないといけない。ということは,広告に関係なく,全てのことについていえることだなと思いました。

他にも,回り道コラムなどが面白かったのですが,読んだ後すぐにブログにアウトプットしないと内容を忘れてしまいますね…。

 - 読書

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

感想:君の膵臓をたべたい

著者:住野よる ★★★★★ はじめて単行本の小説を買ったんじゃないかな。まあKi …

感想:持たない幸福論 働きたくない・家族を作らない・お金に縛られない

著者:pha ★★★★☆ 京大卒のニートで有名な著者。熊野寮出身らしいですね。 …

可視化されにくい『最貧困女子』

  「最貧困女子」とは、家族・地域・制度(社会保障制度)という三つの縁 …

『夢をかなえるゾウ』は自己啓発小説の完成形だと思う

著者:水野敬也 ★★★★☆ 2007年か2008年かに大流行していたらしい自己啓 …

『東大名物教授がゼミで教えている人生で大切なこと』はわからなかったが,得るものはあった

著者である伊藤元重さんはWBSにコメンテーターとして招かれていたため知っていまし …

感想:博士の愛した数式(小説)

著者:小川 洋子 ★★★☆☆ 映画化とかでけっこうな人気だったので,気になってい …

感想:幸せになる勇気

著者:岸見 一郎、古賀 史健 ★★★★☆ 嫌われる勇気の第二作目。まさか続編が出 …

感想:2020年マンション大崩壊

著者:牧野知弘 ★★★☆☆ 地方だけでなく、首都圏でも空家率がどんどん上昇してい …

『人見知りが治るノート』 認知行動療法で人見知りを克服?!結局は場数をこなして慣れるしかない

認知行動療法(CBT)を使って,誰もが持っている人見知りの傾向(人前でスピーチす …

感想:ヒトはおかしな肉食動物 生き物としての人類を考える

著者:高橋 迪雄 ★★★★☆ ポップなタイトルや表紙絵に反して、中身はすごく濃く …