るむろん

Android/生活/旅行/英語/書評…適当に書いていきます

感想:殺意の水音

   

殺意の水音 (角川ホラー文庫)著者:大石圭

★★★☆☆

久々の角川ホラー。本って意外と高いし,本屋で買うなら新刊のほうがいいかなと思い,2か月ほど前に出版されたこちらの殺意の水音を手に取りました。

角川ホラーとあって,ホテルのハウスキーパーのバイトをしている主人公,香取純一が,マスタキーを使って,ホテルの宿泊客を惨殺していくお話。殺しながら,過去の主人公の話などを盛り込み,どうしてこのような結果になったのかが書かれています。

よく話で特段驚くべきことも,ぞっとするようなこともないですが,つまらないわけでもなく,すっと楽しく読めたので星3つで。

スポンサーリンク

ちょっとした不幸が重なり重なり,長年蓄積されていくことによって,限界値を超えて,心が壊れてしまう,といったよくあるストーリーです。でも怖いのが,あとがきでも書かれていましたが,その不幸の許容容量は人それぞれで,誰しもがその限界を超えてしまう可能性あるのではないかということです。

あと,大石圭さんの作品を初めて読んだのですが,Amazonで類似の同著者の作品を見ると,だいたいどんな話か想像が簡単についてしまうのが特徴深いなぁとなんとなく思いました。

自分の妄想を書いているように感じる作品が多いらしいですね。それにしてもけっこうな数の作品を出しているので,本当にこの著者大丈夫なのか…と少し不安にもなったりもしました。

エログロやそういった妄想話は好きなので,他に読む者がなくて,暇ならまた何か読んでみたいですねぇ。

 - 読書

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

感想:ヒトはおかしな肉食動物 生き物としての人類を考える

著者:高橋 迪雄 ★★★★☆ ポップなタイトルや表紙絵に反して、中身はすごく濃く …

感想:家族という病

著者:下重暁子 ★☆☆☆☆ 本屋で売上上位のところにあって、タイトルに惹かれたた …

感想:幸せになる勇気

著者:岸見 一郎、古賀 史健 ★★★★☆ 嫌われる勇気の第二作目。まさか続編が出 …

感想:本日は大安なり

著者:辻村深月 ★★★★☆ 「ツナグ」についで辻村氏の本を読むのは2冊目。ブック …

感想:女子高生サヤカが学んだ「1万人に1人」の勉強法

著者:美達 大和、山村サヤカ、ヒロキ ★★★☆☆ ずばり、中学生・高校生向けの自 …

感想:神様からひと言

著者:荻原 浩 ★☆☆☆☆ 小説の感想書いても仕方ないなぁと思ってきた今日この頃 …

感想:日本人というリスク

著者:橘玲 ★★★★☆  橘氏の2冊目の本。1冊目の臆病者の株式投資入門を読んで …

感想:魔法の世紀

著者:落合陽一 ★★★★☆ Kindleセールの時に購入。面白い本は1000円台 …

もしドラが文庫になっていたので読んでみた

著者:岩崎 夏海 ★★☆☆☆ 本を読まない人だって聞いたことがあるぐらいに有名に …

感想:拝金 青春経済小説

モリエモンこと堀江貴文氏の小説。金の亡者とか揶揄されていたホリエモン自身を,ノン …