るむろん

Android/生活/旅行/英語/書評…適当に書いていきます

感想:本日は大安なり

   

本日は大安なり (角川文庫)著者:辻村深月

★★★★☆

「ツナグ」についで辻村氏の本を読むのは2冊目。ブックオフに置いてあった中で一番面白そうかなと思って。個人的にツナグは好評価だったけど、それと似ていい感じだった。読んでて心温まる感じ。僕が小説に求めているやつ。だからこそ、鈴木陸雄の話だけは少しずれてて残念だったかな。終わりも曖昧だったし。

スポンサーリンク

内容としては、大安の同日に、同式場で4組のカップルが並行して結婚式を挙げる。一世一代のたくらみを胸に秘める美人双子姉妹、クレーマー新婦に振り回されっぱなしのウェディングプランナー、大好きな叔母の結婚にフクザツな心境の男子小学生、誰にも言えない重大な秘密を抱えたまま当日を迎えてしまった新郎。の4つの短編が時系列に沿って、色々な人の視点から物語が展開していく。海外ドラマでよくあるパターンだと思った。登場人物が多く、状況把握がすぐにできないかと思いや、読んでてすっと頭に入ってきた。最近は海外の訳本が多かったのもあって、小説家の書く文章はすごいなと感心。

この本を読むまで、”大安”って知らなかった。仏滅とかは聞いたことあったけど、六曜や六輝なんて知らなかった。何気なく会社で手帳を見ると、六輝が書いてあって少し驚き。自分がもし結婚式を挙げるときが来るなら、そんなことも気にするのかな。

 - 読書

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

2015-end-of-capitalism
このまま成長し続けられるのか『資本主義の終焉と歴史の危機』

なんの知識も見解もありませんが,経済というものが好きなので,タイトルに惹かれて購 …

幸せな死のために
感想:幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと 若き外科医が見つめた「いのち」の現場三百六十五日

著者:中山 祐次郎 ★★★☆☆ タイトルが長い…。内容はなんか個人ブログをまとめ …

ヤバい統計学
感想:ヤバい統計学

著者:カイザー・ファング訳: 矢羽野 薫 ★★★★☆ 統計学の入門と表されている …

成功する子失敗する子
成功の秘訣は自律・自制できる性格づくり 『成功する子 失敗する子 ― 何が「その後の人生」を決めるのか』

著者:ポール・タフ ★★★☆☆ 子供をどのように育てたら、子供は成功するのか?幸 …

世界を変えた10冊の本
感想:世界を変えた10冊の本

著者:池上 彰 ★★★☆☆ 池上氏が世界的に影響を与えたと思われる10冊をピック …

おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか?
感想:おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか?

著者:池上 彰 ★★★☆☆ 教養とは「自分を知ること」。もう少し広げると、自分は …

脳に悪い7つの習慣
感想:脳に悪い7つの習慣

著者:林 成之 ★★☆☆☆ ブックオフ100円。医者の著者による、脳科学に基づい …

日本人というリスク
感想:日本人というリスク

著者:橘玲 ★★★★☆  橘氏の2冊目の本。1冊目の臆病者の株式投資入門を読んで …

%e5%90%9b%e3%81%8c%e3%82%aa%e3%83%a4%e3%82%b8%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e5%89%8d%e3%81%ab
感想:君がオヤジになる前に

著者:堀江貴文 ★★★☆☆ ほりえもんの本はまあ普通に面白いよね。本書もそんな感 …

もしドラ
もしドラが文庫になっていたので読んでみた

著者:岩崎 夏海 ★★☆☆☆ 本を読まない人だって聞いたことがあるぐらいに有名に …