るむろん

Android/生活/旅行/英語/書評…適当に書いていきます

感想:本日は大安なり

   

本日は大安なり (角川文庫)著者:辻村深月

★★★★☆

「ツナグ」についで辻村氏の本を読むのは2冊目。ブックオフに置いてあった中で一番面白そうかなと思って。個人的にツナグは好評価だったけど、それと似ていい感じだった。読んでて心温まる感じ。僕が小説に求めているやつ。だからこそ、鈴木陸雄の話だけは少しずれてて残念だったかな。終わりも曖昧だったし。

スポンサーリンク

内容としては、大安の同日に、同式場で4組のカップルが並行して結婚式を挙げる。一世一代のたくらみを胸に秘める美人双子姉妹、クレーマー新婦に振り回されっぱなしのウェディングプランナー、大好きな叔母の結婚にフクザツな心境の男子小学生、誰にも言えない重大な秘密を抱えたまま当日を迎えてしまった新郎。の4つの短編が時系列に沿って、色々な人の視点から物語が展開していく。海外ドラマでよくあるパターンだと思った。登場人物が多く、状況把握がすぐにできないかと思いや、読んでてすっと頭に入ってきた。最近は海外の訳本が多かったのもあって、小説家の書く文章はすごいなと感心。

この本を読むまで、”大安”って知らなかった。仏滅とかは聞いたことあったけど、六曜や六輝なんて知らなかった。何気なく会社で手帳を見ると、六輝が書いてあって少し驚き。自分がもし結婚式を挙げるときが来るなら、そんなことも気にするのかな。

 - 読書

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

感想:卵子老化の真実

著者:河合 蘭 ★★★★☆ 普段あまり知ることのできないことを知れる。高齢出産が …

感想:仕事と家族 日本はなぜ働きづらく、産みにくいのか

著者:筒井 淳也 ★★★★☆ 同著の感想:結婚と家族のこれから~共働き社会の限界 …

『「部下なし管理職」が生き残る51の方法』 新入社員でも知っておくべきことが多かった

景気の左右で,新入社員の数に変動はあると思うが,基本的に毎年同じ人数が入ってくる …

感想:日本人というリスク

著者:橘玲 ★★★★☆  橘氏の2冊目の本。1冊目の臆病者の株式投資入門を読んで …

感想:知らないと損する 経済とおかねの超基本1年生

著者:大江 英樹 ★★★☆☆ セールで500円ぐらいのときに買ってたやつ。今見た …

可視化されにくい『最貧困女子』

  「最貧困女子」とは、家族・地域・制度(社会保障制度)という三つの縁 …

感想:殺意の水音

著者:大石圭 ★★★☆☆ 久々の角川ホラー。本って意外と高いし,本屋で買うなら新 …

感想:ケトン体が人類を救う~糖質制限でなぜ健康になるのか~

著者:宗田 哲男 ★★★★☆ 前回読んだ糖質制限関係の本が面白くて、もう少し情報 …

『重力とは何か』ニュートン,アインシュンタイン,量子力学と物理学の歴史をわかりやすく紹介している良書でもあった

インターステラーという映画内で,重力の謎が解ければ,宇宙の真理を理解でき,地球か …

『東大名物教授がゼミで教えている人生で大切なこと』はわからなかったが,得るものはあった

著者である伊藤元重さんはWBSにコメンテーターとして招かれていたため知っていまし …