るむろん

Android/生活/旅行/英語/書評…適当に書いていきます

感想:探偵の探偵(小説)

   

探偵の探偵2015年7月から北川景子主演でドラマ化されることを,読み終えてから気づきました。万能鑑定士Qシリーズの人らしいです。本屋でけっこう並んでいて,名前だけ知ってたので,読んでみることにしました。

内容は,タイトル通り,探偵を探偵する少女のお話。昔,妹がストーカー被害にあい,行方を隠すも,探偵に調べられ,ストーカーに結果的に殺されてしまう経験を持つ姉の玲奈が主人公となり,その探偵を調べ復讐するために,探偵の探偵になったって感じです。

これまた読み終えてから気づいたのですが,シリーズものになっているらしく,悪さをしている探偵を捕まえていくみたいな感じで話が進んでいきそうです。そのうち因縁の・・・みたいな?1巻しか読んでないのでわかりませんが。

スポンサーリンク

感想

雑学が多い

普段は知らない探偵の世界のちょっとした雑学が多く出てきます。どうやって素性を調べるのかとか,尾行の仕方など…。真偽はわからないですが,へぇ~って感じになりました。

パソコンの時計は進むほうに狂わない仕組みとか。もありました。ぐぐったところ,あまりそういう情報が出てこなくてほんまなんかな?

確証バイアス

確証バイアスって言葉を初めて聞いたんですが,これがテーマかなと思いました。

自己の先入観に基づいて他者・対象を観察し、自論に合う情報を選別し受容して、それにより自信を深め、自己の先入観が補強される現象である。ってWikipediaにありますが,要するに自分の都合のいいように話を作ってしまうってことですね。誰でも多少はあると思います。

ってことで,小説ってこともあり,玲奈が追っている探偵と今の事件がうまくつながって盛り上がってきた?!と思いきや確証バイアスでしたってヲチで,普通に事件を解決して,2巻につながっていきます。。。

 

個人的には面白くも面白くなくもなかったので,シリーズを読み進めることはないかなぁ。とりあえず終了。

 - 読書

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

『自己啓発書は読むな。』この本も読むなってこと?内容もなく,不快な文章が多かった

サブタイトル:ドヤされた人、1万人。自分に目覚めた人、1万人。 今まで読んだ本の …

感想:君がオヤジになる前に

著者:堀江貴文 ★★★☆☆ ほりえもんの本はまあ普通に面白いよね。本書もそんな感 …

感想:ソープランドでボーイをしていました

著者:玉井 次郎 ★★★☆☆ 東日本大震災で、仕事と家を失い、ローンが払えなくな …

『「自己啓発」は私を啓発しない』 小説的な読み物として面白かった

某ブログで自己啓発の本読むならこれだけ読んどけばいいよ,と紹介されていたので読ん …

『東大名物教授がゼミで教えている人生で大切なこと』はわからなかったが,得るものはあった

著者である伊藤元重さんはWBSにコメンテーターとして招かれていたため知っていまし …

感想:永遠の旅行者(下)

著者:橘 玲 ★★☆☆☆ うーん…。上巻に続き、下巻も微妙だった。経済小説という …

感想:いなくなれ、群青

著者:河野 裕 ★★★☆☆ タイトルと表紙に惹かれてなんとなく購入。こういうのが …

鬱のことが分かりやすい漫画『ツレがうつになりまして。』

著者:細川貂々 ★★☆☆☆ 何も考えずセールなのでポチってた。読んで初めて漫画だ …

感想:稼ぐまちが地方を変える 誰も言わなかった10の鉄則

著者:木下 斉 ★★★☆☆ 当たり前のことを当たり前にやる、そんな印象だった。地 …

可視化されにくい『最貧困女子』

  「最貧困女子」とは、家族・地域・制度(社会保障制度)という三つの縁 …