るむろん

Android/生活/旅行/英語/書評…適当に書いていきます

感想:シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

   

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事著者: デイヴ・アスプリー、翻訳:栗原 百代 

★★★★☆

バターコーヒー発祥の本。バターコーヒー生活を初めて見たのにこの本を読んでいないのはおかしいと思い読んでみた。バターコーヒーについて、ネットで色々調べることができて、なんとなくレシピが分かったので適当に模倣して作っていた。しかし、本読んで良く分かった。ネットの情報は信用できないということを。もちろん本と同じことを書いている人もいれば、勝手にアレンジしているものもある。しかもその根拠はなんとなくみたいな感じだ。私もブログでバターコーヒーを紹介したが、残念ながらそんな感じになってしまっていた。バターコーヒーに挑戦する人は是非本書を読んでいただきたい。そもそもバターコーヒーの初期投資に1万円弱かかるのでこの本を買うことぐらい安いはずだ。

肝心の本書の感想だが、バターコーヒーの話だけかと思っていたら、バターコーヒーは中心であっておまけである感じで、様々な健康・食事・睡眠・運動について書かれていた。著者の巨万の富を惜しみなく使い実験したデータでそれが1000円ちょっとで知れるのは非常にありがたい。Amazonレビューにもあるが、鵜呑みにするのではなく参考には留めておくほうがいいのかもしれない。健康関係の本を様々読んでわかったのは、共通する意見・競合する意見があるということ。何事も同じだが、うまく情報を集め整理し、自分に合ったものを選ぶ。

1つ残念なところは、アメリカ在住なので、アメリカの法律をパスできる食品レベルでいい食べ物悪い食べ物が語られていて日本では通用しないということ。日本のほうが厳しめなので、本書でダメとされているものでも実際にはOKみたいなものが多い印象だ。

 - 読書

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

『重力とは何か』ニュートン,アインシュンタイン,量子力学と物理学の歴史をわかりやすく紹介している良書でもあった

インターステラーという映画内で,重力の謎が解ければ,宇宙の真理を理解でき,地球か …

『組織戦略の考え方』 組織は時代とともに変わる

 Kindle版が2014年出版になっていたので,最新の本かと思いきや,読み終わ …

感想:結婚と家族のこれから~共働き社会の限界~

著者:筒井 淳也 ★★★★☆ いい本はあるもんだ。社会学?的に見た家族というもの …

感想:幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと 若き外科医が見つめた「いのち」の現場三百六十五日

著者:中山 祐次郎 ★★★☆☆ タイトルが長い…。内容はなんか個人ブログをまとめ …

鬱のことが分かりやすい漫画『ツレがうつになりまして。』

著者:細川貂々 ★★☆☆☆ 何も考えずセールなのでポチってた。読んで初めて漫画だ …

『いつでも心理学「クセ」や「しぐさ」から、本音を読み解く!!』-読んでも心理学は全然わからない

期待はずれな作品であった。”Amazonの内容紹介が長い本はハズレ”ということが …

感想:永遠の旅行者(下)

著者:橘 玲 ★★☆☆☆ うーん…。上巻に続き、下巻も微妙だった。経済小説という …

感想:流れ星が消えないうちに

著者:橋本 紡  ★★☆☆☆ 久々に本屋をぶらぶらしていたら懐かしい著者の名前を …

感想:ケトン体が人類を救う~糖質制限でなぜ健康になるのか~

著者:宗田 哲男 ★★★★☆ 前回読んだ糖質制限関係の本が面白くて、もう少し情報 …

感想:面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと

著者:海老原 嗣生 ★★★★☆ そういや就活していた時に、就活本をゆっくりじっく …