るむろん

Android/生活/旅行/英語/書評…適当に書いていきます

感想:シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

   

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事著者: デイヴ・アスプリー、翻訳:栗原 百代 

★★★★☆

バターコーヒー発祥の本。バターコーヒー生活を初めて見たのにこの本を読んでいないのはおかしいと思い読んでみた。バターコーヒーについて、ネットで色々調べることができて、なんとなくレシピが分かったので適当に模倣して作っていた。しかし、本読んで良く分かった。ネットの情報は信用できないということを。もちろん本と同じことを書いている人もいれば、勝手にアレンジしているものもある。しかもその根拠はなんとなくみたいな感じだ。私もブログでバターコーヒーを紹介したが、残念ながらそんな感じになってしまっていた。バターコーヒーに挑戦する人は是非本書を読んでいただきたい。そもそもバターコーヒーの初期投資に1万円弱かかるのでこの本を買うことぐらい安いはずだ。

肝心の本書の感想だが、バターコーヒーの話だけかと思っていたら、バターコーヒーは中心であっておまけである感じで、様々な健康・食事・睡眠・運動について書かれていた。著者の巨万の富を惜しみなく使い実験したデータでそれが1000円ちょっとで知れるのは非常にありがたい。Amazonレビューにもあるが、鵜呑みにするのではなく参考には留めておくほうがいいのかもしれない。健康関係の本を様々読んでわかったのは、共通する意見・競合する意見があるということ。何事も同じだが、うまく情報を集め整理し、自分に合ったものを選ぶ。

1つ残念なところは、アメリカ在住なので、アメリカの法律をパスできる食品レベルでいい食べ物悪い食べ物が語られていて日本では通用しないということ。日本のほうが厳しめなので、本書でダメとされているものでも実際にはOKみたいなものが多い印象だ。

 - 読書

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

感想:夢を売る男

著者:百田直樹 ★★★★☆ 面白いか面白くないかでいえば,普通に面白かったと思う …

感想:田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」

著者:渡邉格 ★★★★☆ 非常に楽しく読めた。が、後半の作者の思いには残念ながら …

感想:2020年マンション大崩壊

著者:牧野知弘 ★★★☆☆ 地方だけでなく、首都圏でも空家率がどんどん上昇してい …

可視化されにくい『最貧困女子』

  「最貧困女子」とは、家族・地域・制度(社会保障制度)という三つの縁 …

感想:年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学

著者: エンリコ モレッティ 、訳:池村 千秋 ★★★★☆ 長かった…。Kind …

感想:流れ星が消えないうちに

著者:橋本 紡  ★★☆☆☆ 久々に本屋をぶらぶらしていたら懐かしい著者の名前を …

感想:嫌われる勇気

2014年amazon和書部門売上1位!すごいですね。けっこうタイトルぐらいは知 …

このまま成長し続けられるのか『資本主義の終焉と歴史の危機』

なんの知識も見解もありませんが,経済というものが好きなので,タイトルに惹かれて購 …

感想:「育休世代」のジレンマ~女性活用はなぜ失敗するのか?~

著者:中野 円佳 ★★★☆☆ 修士論文を本にしたものらしい。それだけを聞くと博士 …

感想:ホテルローヤル

著者:桜木 紫乃 ★★☆☆☆ 夏に本屋で直木賞受賞&売上No1とかの宣伝文句があ …